パチンコ・パチスロ用語集

立ち回り(たちまわり) 3 役に立ったね!

パチンコで勝つために実行する全ての行為。 遊技者が百人いれば百通りの立ち回りがある。

店選びは立ち回りの第1歩

店選びは立ち回りの第1歩

パチンコを打つ際、遊技者には「店選び・機種選び・台選び・台移動・休憩・ヤメ時」といった、その時々に応じて様々な選択肢がある。これらを総合したものが立ち回りであり、それによって勝負の行方が大きく左右される。 1円パチンコの立ち回り、イベントやグランドオープンの立ち回り、朝イチもしくは夕方からの立ち回り、潜確狙いの立ち回りなど、勝負する環境・時間・ターゲットとなる機種によっても、立ち回りのスタイルは異なる。

パチプロのブログなど、立ち回りに有益な情報をネットから収集するのも立ち回りといえる

パチプロのブログなど、立ち回りに有益な情報をネットから収集するのも立ち回りといえる

釘読みのスキルはどのシチュエーションでも役立つが、勝つための手段はそれだけではない。 例えば、パチンコで勝っている上級者やパチプロの立ち回りを参考にすることは、自身の勝率アップにもつながる。昔はホールで観察するしかなかったが、今は個人のSNSやブログにそのヒントが隠されている。 こうした地道な情報収集も、広い意味では立ち回りの一部。機種のスペックを把握することも大事だが、上級者の行動パターンから学ぶことも数多くある。さらに負け組の立ち回りも反面教師として参考になる。その行動を見極め、なぜ負けているかを分析することは決して無駄ではない。 また、ネットには、優良店や攻略ネタなど、勝ちにつながる情報がたくさん転がっている。ただし玉石混淆であり、本当に有益な情報はほんの一握り。それを見抜くことも、現代パチンコにおいては必要な立ち回りになる。





777(スリーセブン)トップへ戻る