パチンコ・パチスロ用語集

リーチ(りーち) 1 役に立ったね!

図柄があと1つ揃えば大当たりとなる状態。 3つ揃いで大当たりとなる機種では、図柄が2つ揃った状態を指す。 漢字で書けば「立直(リーチ)」であり、「連荘(レンチャン)」などと同様に麻雀用語に由来をもつ。麻雀では、あと1枚であがりとなる状態を意味している。なお、図柄が2つ揃う「聴牌(テンパイ)」も同義であり、こちらも麻雀用語になる。

あと1つ図柄が揃えば大当たりとなるところから「立直(リーチ)」

あと1つ図柄が揃えば大当たりとなるところから「立直(リーチ)」

ノーマルとスーパーの2つに大きく分類でき、テンパイ後、淡々とスクロールが続くだけのアクションがノーマルリーチ。ロングリーチもここに含まれる。 それに対しスーパーリーチは、背景やBGMが変化し、専用のアクションが展開される。一般には「○○リーチ」と、登場キャラや動きに対応した名前が付けられている。全図柄が揃って回るリーチは「全回転」となり、そのほとんどは大当たりが約束される。 その他、大当たり有効ラインの数でも分類できる。1ライン有効はシングルリーチ、2ライン有効はダブルリーチ。海シリーズの黒潮や珊瑚礁はシングル、マリンちゃんはダブルとなる。 さらに3ライン有効はトリプルとなり、基本的には有効ラインが増えるほど信頼度も高くなる。ただしダブルリーチがシングルの2倍期待できるわけではなく、見た目の期待度とプログラム上の信頼度は一致しない。 なお、大当たりが約束されるレアなアクションはプレミアムリーチと呼び、海シリーズのサムはその代表格。

期待度はノーマル<スーパー<プレミアムの順。ただし機種によってはスーパーでもノーマルと同程度の期待度しかないものもある

期待度はノーマル<スーパー<プレミアムの順。ただし機種によってはスーパーでもノーマルと同程度の期待度しかないものもある

こうしたリーチの種類だけでなく、「チャンスアップ」と呼ばれる細かな演出でも信頼度は左右される。内容は機種によって様々だが、テロップやアイテムが赤色ならチャンス、金色なら激アツといった「色の変化」が定番。その他、スーパーリーチの終盤、ボタンを押すことで出現する「カットイン」も、大当たりの運命を担う演出の一つになる。 また、オカルト用語で、大当たりが近い特定の出目を「リーチ目」や「チャンス目」と称する。過去のデジパチやパチスロには存在するが、現行のパチンコでは大当たり抽選のシステム上あり得ない。ただ、保留先読み予告として、リーチ目が数回転後の大当たり期待度を示唆することはある。





777(スリーセブン)トップへ戻る