パチンコ・パチスロ用語集

検定(けんてい) 2 役に立ったね!

遊技機メーカーが、各都道府県の公安委員会に新台の販売許可を申請すること。

一部の公安委員会では警察署のホームページなどで検定通過に関する公示を行っている

一部の公安委員会では警察署のホームページなどで検定通過に関する公示を行っている

一旦認可された検定の有効期間は3年で、これを過ぎた場合は「検定切れ」となる。検定が切れてもすぐに台を撤去する必要はないが、ギミックなどが故障しても「変更承認申請」を出して部品を交換できない、といったリスクを伴う。 ちなみに検定が切れるのは、ホールに設置されてから3年ではなく、公安委員会に申請してからの年数。また、検定が切れる前に「再検定」の手続きをとれば、さらに3年延長することも可能になる。 検定自体は形式的なものでよほどのことがない限り通過するが、その前段階である「保通協(保安電子通信技術協会)」の試験はかなり厳格。保通協は警察庁から委託された検査機関であり、書類審査の他、実際に玉を打ち出す実射試験での出玉率まで検査の対象となる。この型式試験に適合しなければ、検定に持ち込むことすらできない。

関連用語

出玉 ギミック




777(スリーセブン)トップへ戻る