> > ホールコンピュータ(ほーるこんぴゅーた)

パチンコ・パチスロ用語集

ホールコンピュータ(ほーるこんぴゅーた) 5 役に立ったね!

パチンコ店の稼働や売上を管理する「ホール経営に特化したコンピュータシステム」。 各遊技機から発信された大当たりやスタート(回転数)の信号は、シマの中継ユニットを介してホール事務所のメインコンピュータへと送られる。これにより各遊技台の稼働状況(回転率・大当たり回数・出玉等)が、常時PCモニターで確認できる。

ホールコンピューターは店舗内の様々設備と接続されており、経営に欠かせない存在(※画像はイメージです)

ホールコンピューターは店舗内の様々設備と接続されており、経営に欠かせない存在(※画像はイメージです)

さらにホールコンピュータは、カウンターの景品管理システムとも連動し、リアルタイムで売上を把握することも可能。景品の在庫管理も同時に行っている。 その他、不正に扉が開いていないか、外部から玉を持ち込まれていないかなど、ゴト行為へのセキュリティー機能も充実。何らかの異常が発生した場合は警告音を鳴らし、カメラがその台にズームアップするなど、防犯システムとの連携も図られる。 また、これまでに集積した過去のデータを分析することも、ホールコンピュータの大きな役割になる。 指定した期間内、あるいは特定のシマや機種別の売上など、知りたい情報をピンポイントで呼び出し、これからの経営戦略に活用できる。 ホールコンピュータにも様々なタイプやグレードがあり、こうしたマネジメント機能は、他機種との差別化を図る大きなポイントになる。

過去にホールコンピューターの違法改造で摘発された店舗はあるが、このようなケースは極めてまれ

過去にホールコンピューターの違法改造で摘発された店舗はあるが、このようなケースは極めてまれ

なお、ホールコンピュータを「ホルコン」と略す場合は、先に説明した通常のシステムではなく、一部の違法な「遠隔装置」を指すことが多い。 通常のホールコンピュータは、台からの信号を一方的に受け取るだけで、台の当たりハズレをコントロールする機能はない。技術的に不可能ではないが、違法である以上、発覚した場合には営業停止は免れない。そんなリスクを負ってまで遠隔システムを導入する必要性がないということ。過去には摘発を受けた実例もあるが、近年その数は大きく減少している。





777(スリーセブン)トップへ戻る