パチンコ・パチスロ用語集

出玉(でだま) 3 役に立ったね!

パチンコ台から払い出された玉、またはその個数。 一般には、大当たり1回で獲得できる「大当たり出玉」を指すことが多く、「1回の出玉でドル箱があふれた」「アタッカー周りの調整が厳しく出玉が少ない」といったように使われる。 また、遊技者の手元にある出玉は「持ち玉」と呼ばれる。

大量出玉を獲得することがパチンコ・パチスロの醍醐味

大量出玉を獲得することがパチンコ・パチスロの醍醐味

ホール用語の「出玉率」は、打ち出した個数に対する払い出しの割合。 出玉率=(セーフ÷アウト)×100 ※セーフ:台が払い出した個数 ※アウト:遊技者が打ち出した個数(1分間に最大100発) およそ1時間遊技した結果、6千個のアウトに対して、セーフが1万2千個だった場合、出玉率は200%ということ。 なお、等価のホールで出玉率が100%を超えれば店側の赤字になる。





777(スリーセブン)トップへ戻る