> > CRぱちんこウルトラセブン2(京楽)
パチンコ図鑑

筐体画像

CRぱちんこウルトラセブン2

基本データ

代表機種 CRぱちんこウルトラセブン2
大当たり確率 1/319.7(確変中:1/77.0)
確率変動確率 65%
賞球数 4 & 1 & 10 & 15/10カウント
初当たり時メイン出玉 約600個
備考1 ウルトラセブンRUSHは小当たり機能付き
平均獲得出玉:約600個
備考2 大当たり終了後、50回 or 100回転の時短
備考3 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
4R確変(約600個 時短:次回)+ウルトラセブンRUSH:65%
4R通常(約600個 時短:100回):35%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約2400個 時短:次回)+ウルトラセブンRUSH:50%
4R確変(約600個 時短:次回)+ウルトラセブンRUSH:5%
出玉なし確変(時短:50or100回[※1]):10%
出玉なし通常(時短:50or100回[※2]):35%
※1…時短中に引いた場合は100回、消化後はウルトラセブンRUSHへ
※2…時短中に引いた場合は100回

詳しい情報はこちら

関連機種 CRぱちんこウルトラセブン2
ぱちんこ ウルトラセブン2 Light Version

導入開始日 2018/07/02〜  (最新の導入日カレンダーを見る)

大当たり絵柄

大当たり図柄 1・2・3・4・5・6・7


本機は13年前にバトルスペックと爆発的な出玉で人気を博した『CRぱちんこウルトラセブン』の後継機。

スペックは大当たり確率約1/319.7、確変突入率65%、次回まで継続する確変機。小当たりRUSHを搭載し、通常大当たり後は50回転の時短(時短中に出玉なし通常を引くと100回転)に突入。また、右打ち中の大当たりは50%で2400発を獲得できる。

確変は勝てば継続、負ければ終了のバトルスペックで本機オリジナルの「ウルトラ激闘モード」と初代を再現した「ウルトラバトルモード」の2種類用意されている。 通常時もインパクト抜群のギミックや初代の要素を進化、発展させたデジタルアクションなど、面白さはまさにウルトラ級だ。

CRぱちんこウルトラセブン2(パチ7の機種情報)はコチラ


総合評価

1.27

1305件

最新のクチコミ・評価

デザイン

1.00

サウンド

1.00

演出

1.00

ゲーム性

1.00

出玉感

1.00

まだ打ちたいか

1.00

ライトのやつやったけど相変わらず演出バランスわるいねぇ
続きを読む

デザイン

1.00

サウンド

1.00

演出

1.00

ゲーム性

1.00

出玉感

1.00

まだ打ちたいか

1.00

前からセブン嫌い
続きを読む

デザイン

1.00

サウンド

1.00

演出

1.00

ゲーム性

1.00

出玉感

1.00

まだ打ちたいか

1.00

スペック本当だったら大変爆発力のある甘デジだと思います。
続きを読む

デザイン

1.00

サウンド

1.00

演出

1.00

ゲーム性

1.00

出玉感

1.00

まだ打ちたいか

1.00

長所がない
続きを読む

デザイン

1.00

サウンド

1.00

演出

1.00

ゲーム性

1.00

出玉感

1.00

まだ打ちたいか

1.00

ない
続きを読む

デザイン

1.00

サウンド

1.00

演出

1.00

ゲーム性

1.00

出玉感

1.00

まだ打ちたいか

1.00

皆無
続きを読む

(c) 円谷プロ
(c) KYORAKU SANGYO


メーカーホームページ

おすすめのホール11/13 12:18現在


関連ニュース






クチコミ・評価

  • 悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    打ちたくない

    打ちたい

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則として利用規約が適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777(スリーセブン)でまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。




このページの先頭へ戻る

戻る