> > CR石原裕次郎 嵐を呼ぶ男(平和)
パチンコ図鑑

筐体画像

CR石原裕次郎 嵐を呼ぶ男

基本データ

代表機種 CR石原裕次郎MDZ
大当たり確率 1/346(確変中:1/34)
確率変動確率 67%
賞球数 3 & 3 & 10 & 14 &
初当たり時メイン出玉 約1680個
備考1 100回転の時短
備考2 確変割合には2R確変を含む
備考3

関連機種 CR石原裕次郎MDZ
CRA石原裕次郎TRH
CR石原裕次郎SDH

導入開始日 2019/01/21〜  (最新の導入日カレンダーを見る)

大当たり絵柄

確変図柄 1・3・5・7
通常図柄 2・4・6・8

本機種は、リーチアクションから大当たりラウンドに至るまで、石原裕次郎さんが活躍した当時の映像フィルムや秘蔵写真を贅沢に取り入れた作品へと仕上がっている。楽曲もプレミアム2曲と往年の大ヒット6曲を厳選収録。これらは、大当たり時にプッシュボタンを押すことによってセレクトが可能となっている。全てにおいて「オール裕次郎」で彩られた本機種は、ファンにとってはまさに涙物の一品と言えよう。

役物アクションも満載で、「ドラムアクション」「カメラ役物」「裕次郎ロゴ」「裕次郎パネル」「スピンフラッシュ」の五つで構成されており、プレイヤーの心をくすぐること間違いなし。その中でも取分け、「ドラムアクション」出現時には度肝を抜かれることになるだろう。

多彩なゲームモードもこの機種の魅力の一つ。通常モードの他に、洋上・降雪・嵐の洋上・銀幕の四つのモードで構成される高確率期待の「チャンスモード」や、大当たり終了後の確変「ハワイモード」、時短の「黄昏洋上チャンス」がゲームを盛り上げる。

また、スペックは2タイプが用意されている。
1/346.8・67%確変(2R含む)の「MDZ」、1/309.1・63%確変(2R含む)の「SDH」の2つだ。より多くの初当たりを楽しみたいのなら「SDH」がお勧めとなる。

ホールでの実戦では、やはりステージ性能の優劣が勝敗を大きく左右するだろう。個体差の見極めが一つのポイントとなりそうだ。
また、本機は自力でのステージ乗り上げが極端に少ないため、ワープ周辺の釘も重要になってくる。さらには、ヘソもある程度大きく開けられていないと高回転を維持するのは難しいであろう。
なお、電チューはオーソドックスな3回開きがワンセットとなった仕様である。3個戻しの為、電サポ中はしっかりと止め打ちすることによって玉減りを回避しよう。


(c) 石原プロモーション (c) テレビ朝日 (c) TBS
(c) マガジンハウス (c) 原田つとむ (c) テイチクエンタテインメント (c) 日活
(c) OLYMPIA
(c) HEIWA


メーカーホームページ

おすすめのホール01/21 04:52現在


関連ニュース






クチコミ・評価

  • 悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    打ちたくない

    打ちたい
  • ※写真は、gif、jpg、png形式でアップロードしてください
    ※ファイル名は半角英数字のみで、全角ファイル名(日本語等)は使用できません

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則として利用規約が適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777(スリーセブン)でまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。




このページの先頭へ戻る

戻る