> > CRイーゾーン(アビリット)
パチンコ図鑑

筐体画像

CRイーゾーン

基本データ

代表機種 CRイーゾーンMH4
大当たり確率 1/10.42(確変中:1/10.39)
確率変動確率 21%
賞球数 3 & 7 & 10 & &
初当たり時メイン出玉 約100個
備考1 ヘソ入賞時:大当たり終了後、0回 or 99回転の時短
備考2 電チュー入賞時:大当たり終了後、7回 or 99回転の時短
備考3

関連機種 CRイーゾーンMH4

導入開始日 2019/01/20〜  (最新の導入日カレンダーを見る)

大当たり絵柄

E-ZONE突入図柄/チャンス図柄 33・77/22・88
99回時短図柄/7回 or 99回時短図柄 333・777/111・555

超進化系・次世代パチンコと名付けられた『CRイーゾーン』。盤面にはセグが並びいかにも斬新なイメージ。

大当たり確率は、表面上では約1/10、そこから確変(高確率状態)突入、そして電サポ有りの確変当たりを引いて連チャン状態に入ると、1回分の出玉は少ないものの、97%の連チャン率により平均で一撃3700個の出玉を獲得できるスペックとなっている。

その大当たりに至るシステムは少々複雑であり、連チャンシステムも従来のものとは大きく違っているが、内部的な仕組みは知らなくても遊技する上では全く問題がない。

通常時は一般的な台同様にヘソを狙い、左のセグに「33」または「77」の数字が揃った場合は右打ちで消化するだけ。サポートボイスや打ち方がドットに表示されるので、初めて打つ際も心配はいらない。

本機では「SSS(スーパー・シークレット・システム)」なるものを採用し、外部から確変などの状態を判別することが一切できないようになっている。これにより情報を知る者と知らない者の不公平感がなくなり、すべてのプレイヤーが平等にモード移行の期待と興奮を味わえる。

また、チャンス目(「33」と「77」を除くゾロ目とリーチ演出からのハズレ目)発生時に左アタッカーがパカパカ解放すればモード移行が発生し、「NORMAL-ZONE」やE-ZONE突入期待大の「CANCE-ZONE」に移行するチャンスだ。また、次世代ランプ「クリスタルレボリューションランプ」の演出をはじめ、シンプルなセグ演出とは思えない多彩な予告やリーチアクションも魅力的だ。

状態判別が困難な機種だが、「CANCE-ZONE」などに入ったら、それを抜けるまでは止めないほうが良さそうだ。あとは通常のデジパチ同様に回転率が重要な要素となる。右電チューの調整にも注意を払おう。


(c) ABILIT


メーカーホームページ

おすすめのホール01/20 16:27現在


関連ニュース






クチコミ・評価

  • 悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    悪い

    良い
    打ちたくない

    打ちたい
  • ※写真は、gif、jpg、png形式でアップロードしてください
    ※ファイル名は半角英数字のみで、全角ファイル名(日本語等)は使用できません

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則として利用規約が適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777(スリーセブン)でまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。




このページの先頭へ戻る

戻る