> > 合成確率(ごうせいかくりつ)

パチンコ・パチスロ用語集

合成確率(ごうせいかくりつ) 17 役に立ったね!

BIGやREGなどのボーナスや、ARTなどの付加機能の当選確率を合算した数値のこと。

攻略媒体では主にボーナス・ARTの当選率や、出現確率に設定差のある小役が複数ある際に用いられる

攻略媒体では主にボーナス・ARTの当選率や、出現確率に設定差のある小役が複数ある際に用いられる

基本的には合成確率が高い機種ほど遊びやすい傾向にあるが、メーカー発表の合算値は、そもそも獲得枚数に期待できないものが含まれていたり、ART中にしか当選しない疑似ボーナスなどが含まれていることもある。通常ゲームからの初当たり確率と合致するとは限らないので注意しよう。

合算確率を簡単に計算する公式も存在する。 BIG=1/240.94 REG=1/512.00 といった数値の“1/”を除いた部分の確率分母を使用する。 (Aの分母×Bの分母)÷(Aの分母+Bの分母)=合成確率の確率分母 この例のボーナス合算確率は、(240.94×512)÷(240.94+512)=163.84で、1/163.84となる。 3つ以上の数値を合成したい場合も、この計算式に当てはめていけば算出可能。その際、ある程度の数字が判明していたら、獲得枚数やその後の展開に期待できないものを省くなど実質の初当たり確率を計算することもできる。

関連用語

ART ボーナス 小役 設定

新台更新中11/21 14:54現在






777(スリーセブン)トップへ戻る