> > P牙狼冴島鋼牙XX(SanseiR&D)
パチンコ図鑑
メインページクチコミ一覧

P牙狼冴島鋼牙XX(SanseiR&D)

呼ばれ方:牙狼,鋼牙



みんなの期待度

0.00

0件

コメントする

この機種を打ってみたいですか?

  • YES

    0%
  • NO

    0%

筐体画像

P牙狼冴島鋼牙XX

基本データ

代表機種 P牙狼冴島鋼牙XX
大当たり確率 1/319.68(確変中:1/99.75)
確率変動確率 33.2%(電チュー:100%)
賞球数 4 & 1 & 2 & 3 & 15/10カウント
初当たり時メイン出玉 約1500個
備考1 確率変動は、160回転まで
ST引き戻し率:80%
大当たり終了後、100回 or 160回の時短
備考2 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
10R確変(約1500個 時短:160回):33.2%
10R通常(約1500個 時短:100回):66.8%

【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
10R確変(約1500個 時短:160回):100%
※出玉は払い出し

パチ7の機種ページはコチラ
備考3

関連機種 P牙狼冴島鋼牙XX

導入開始日 2019/07/08〜  (最新の導入日カレンダーを見る)

大当たり絵柄

確変図柄 3・7
チャンス図柄 1・2・4・5・6・8

SanseiR&Dより牙狼シリーズ最新作『P牙狼冴島鋼牙XX』が登場。本機は大当たり確率1/319.68のV確STタイプで、160回のロングSTを搭載しており、全大当たりが10R固定(約1500個)の一撃性の高いスペックとなっている。

初当たりからのST突入率は33.2%。通常大当たりの場合は100回の時短へ突入するのだが、ここで引き戻せればST突入濃厚だ。時短引き戻しも考慮したトータルのST突入率は51.2%となる。ST突入時の継続期待度は80%と高く、一旦突入させれば、ラウンド振り分けに悩まされることなくロングループ&大量出玉獲得に期待できるぞ。

P牙狼冴島鋼牙XX(パチ7の機種情報)はコチラ


(c)2005 雨宮慶太/Project GARO
(c)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
(c)2011 「呀」 雨宮慶太/東北新社
(c)2013 「桃幻の笛」 雨宮慶太/東北新社
(c)2013 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社
(c)2015 「媚空」 雨宮慶太/東北新社
(c)2010-2016 雨宮慶太/東北新社
(c)2016 「絶狼」 雨宮慶太/東北新社
(c) Sansei R&D


メーカーホームページ


関連ニュース


関連機種

  • P牙狼冴島鋼牙XX
    【SanseiR&D】
    タイプ   [ミドル] [デジパチ] [ST]
    導入開始日 : 2019/07/08 ~

人気のコメント

P牙狼冴島鋼牙XXのコメントをもっと見る

新着のコメント

  • 投稿日:2019年06月11日 やめてさん

    もうGARO出さないでください。 お願いします。原作が大好きですのでイメージ壊すのやめてください。

  • 投稿日:2019年06月10日 魚の骨さん

    突入率は正直辛いけど今の時代仕方ないのかな。全部最大出玉だしこれが限界なんだろうな。パチンコやり続けるなら慣れるしかないかそれよりもST引き戻し率80%って書いておいて電チューST確率100%はどういうことなの?ここのサイトが記載間違ってるだよね??

  • 投稿日:2019年06月10日 牙狼は好きでした。ドラマは。さん

    多分エヴァと一緒、プログラマーが牙狼を見たことのない若僧どもがやってるので、えっ?ここで外します???ってことが多いと思う。 もっとメーカーもユーザー重視しないと。 カヲル君的な存在が雷牙とか・・・母はかおるか(笑) とりあえず、金はドブに捨てるものではないので打ちません。

P牙狼冴島鋼牙XXのコメントをもっと見る

コメントを書く

期待度(必須)
悪い

良い

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則として利用規約が適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777(スリーセブン)でまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。




このページの先頭へ戻る

戻る