> > PフィーバーマクロスΔ(SANKYO)
パチンコ図鑑
メインページクチコミ一覧

PフィーバーマクロスΔ(SANKYO)

呼ばれ方:マクロスΔ,マクロス



みんなの期待度

0.00

0件

コメントする

この機種を打ってみたいですか?

  • YES

    0%
  • NO

    0%

筐体画像

PフィーバーマクロスΔ

基本データ

代表機種 PフィーバーマクロスΔ
大当たり確率 1/199.8(確変中:1/約6.1)
確率変動確率
賞球数 4 & 1 & 3 & 6 & 12/10カウント
初当たり時メイン出玉 約480個
備考1 特図1大当り確率:1/199.8
※ヘソor上チャッカー入賞が特図1

特図2大当り確率:約1/6.1
※下チャッカー(ルンピカチャッカー)入賞が特図2
※小当たりからの大当たり含む
備考2 ワルキューレRUSH:5回の時短(プラス残保留最大4個)
※下チャッカーが開放
引き戻し率:約80%

デルタゾーン:99回の時短
※主に上チャッカーが開放。稀に下チャッカーが開放
備考3 【特図1の大当たり振り分け】
9R+ワルキューレRUSH(約1080個 時短:5回):20%
4R+デルタゾーン高(約480個 時短:100回):10%
4R+デルタゾーン通常(約480個 時短:100回):70%

【特図2の大当たり振り分け】
10R+ワルキューレRUSH(約1200個 時短:5回):50%
8R+ワルキューレRUSH(約960個 時短:5回):2%
6R+ワルキューレRUSH(約720個 時短:5回):3%
5R+ワルキューレRUSH(約600個 時短:5回):45%
※出玉は払い出し。小当たり獲得分を含む
※特図2の直当り時のR数はそれぞれ9R・7R・5R・4R

パチ7の機種ページはコチラ

関連機種 PフィーバーマクロスΔ
PフィーバーマクロスΔ(設定付きVer.)

導入開始日 2019/08/05〜  (最新の導入日カレンダーを見る)

大当たり絵柄




SANKYOより『PフィーバーマクロスΔ』が登場。本機は同名TVアニメ作品とのタイアップ機種で、全く性質の異なる2種類の時短モードを搭載したライトミドルスペックとなっている。ルンピカチャッカーが開放する時短「ワルキューレRUSH」中は大当たり確率が約1/6.1と大幅アップ。一旦突入させれば約80%でループに期待できるぞ。

PフィーバーマクロスΔ(パチ7の機種情報)はコチラ


(c)2015 BIGWEST/MACROSS DELTA PROJECT
(c) SANKYO


メーカーホームページ


関連ニュース


関連機種

人気のコメント

  • 投稿日:2019年06月01日 美雲好きさん

    絶対パチンコにしてほしくなかった。ワルキューレ大好きなのに、なんも知らん奴らが打って、歌をきいてほしくない。サンキョー、フロンティアで終わりにしてよ。デルタまで使うな。

  • 投稿日:2019年06月09日 アマギンさん

    Fももう10年たつのかな?だから新たな顧客掴む為の手段。ただ筐体はもう少し検討した方が良い気がする。

  • 投稿日:2019年06月09日 ざるうどんさん

    うるさい台になる(断言)

PフィーバーマクロスΔのコメントをもっと見る

新着のコメント

  • 投稿日:2019年06月09日 アマギンさん

    Fももう10年たつのかな?だから新たな顧客掴む為の手段。ただ筐体はもう少し検討した方が良い気がする。

  • 投稿日:2019年06月09日 ざるうどんさん

    うるさい台になる(断言)

  • 投稿日:2019年06月01日 美雲好きさん

    絶対パチンコにしてほしくなかった。ワルキューレ大好きなのに、なんも知らん奴らが打って、歌をきいてほしくない。サンキョー、フロンティアで終わりにしてよ。デルタまで使うな。

PフィーバーマクロスΔのコメントをもっと見る

コメントを書く

期待度(必須)
悪い

良い

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則として利用規約が適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777(スリーセブン)でまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。




このページの先頭へ戻る

戻る