777(スリーセブン)トップ > > 選択モードによって継続率と獲得出玉が変化!『P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~』
ニュース
新機種発表
選択モードによって継続率と獲得出玉が変化!『P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~』
Daiichi

選択モードによって継続率と獲得出玉が変化!『P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~』
Daiighiは新機種『P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~』を発表した。パチンコの「忍者ハットリくん」としては5年ぶりの最新作となる。

スペックは大当たり確率1/319.7の1種2種混合タイプ。初当りは9R固定で、「開戦ボーナス」なら1回の時短、「超開戦ボーナス」なら99回の時短へ突入する(どちらもプラス残保留4個)。時短中は実質大当り確率が1/5.3にアップし、大当たりラウンド数は10R固定となる(直当り時は9R)。時短回数は電サポ状態であるか否かによって異なり、電サポ中なら時短1回、非電サポ中なら時短99回に。つまり、残保留で当たった場合は時短99回となるのだ。

本機の時短は「超分身システム」と呼ばれるシステムを採用しており、2種類のモードを選択可能。選んだモードによって継続率や獲得出玉が変化するので、全く異なるゲーム性を楽しめるぞ。継続率重視の「疾走モード」選択時は約1000個の出玉が約76%でループ。出玉重視の「懲悪モード」選択時は約2000個(約1000個×2セット)の出玉が約57%でループする。しかも限界突破演出が発生すると約1000個+αの出玉をプラス!? 新規則機にも関わらず一撃で数千個オーバーの大量出玉を獲得できる可能性を秘めたモードとなっている。

通常時の演出に関しては、四大注目演出の「超ニン×2フェイス」「ハットリ参上ゾーン」「群予告」「究極忍術リーチ」が発生すれば大チャンス。また、3種類の演出モードが選択可能となっており、「からくりモード(演出多めのわいわいモード)」「巻物モード(巻物の数で期待度を示唆)」「忍モード(演出少なめのシンプルモード)」と、通常時も選んだモードによって違った顔を見せてくれるぞ。

ホール導入は2019年11月5日より。

このニュースの関連URL: パチンコ図鑑:P忍者ハットリくん~決戦!サイバーからくり城の巻~
このニュースの関連URL: Daiichi




前へ 次へ

最新ニュース

日付 カテゴリ タイトル メーカー名
2020/09/25 新機種発表 ノーマルみたいなAT機『華祭』登場! パイオニア
2020/09/17 リリース 新H.O.T.D. <奴ら>が圧倒的な強さで蘇る! セブンリーグ
2020/09/15 リリース アカメが斬る! 2020年初冬に導入予定! 七匠
2020/09/15 リリース パチスロ モンスターハンター:ワールド 2020年初冬に導入予定! エンターライズ
2020/09/08 その他 安田屋、有名声優起用の採用動画を公開
2020/02/27 新機種発表 時短突破で高継続RUSHへ!『P戦国BASARA』 ニューギン
2020/02/17 新機種発表 業界初の新構造「クギナイン」を採用!『Pホームランキング』 アムテックス
2020/02/17 新機種発表 擬似ボーナスの高い連続性に注目!『スペリオーレ』 バルテック
2020/02/13 新機種発表 1Gあたりの純増約9.0枚の僥倖スペック!『回胴黙示録カイジ~沼~』 サミー
2020/02/11 新機種発表 麻雀バトルに勝利するたびBBがループ!『パチスロ咲-Saki-』 サンスリー





>