777(スリーセブン)トップ > > 今度のタワーは4回ワンセット大当たり!『Pトキオブラック4500』
ニュース
新機種発表
今度のタワーは4回ワンセット大当たり!『Pトキオブラック4500』
アムテックス

今度のタワーは4回ワンセット大当たり!『Pトキオブラック4500』
アムテックスより新機種『Pトキオブラック4500』が発表された。本機は「トキオシリーズ」第6弾となる羽根モノで、基本的なゲームの流れはシリーズを継承。これまでのタワー役モノは大当たりラウンド数決定の役割を担っていたが、今回はタワー役モノの最上階にVが設置され、その役割が大きく変更されている。タワー役モノ到達後の玉の動きが大当たり抽選のポイントとなるぞ。大当たりへの道程が少々長くなった分、その見返りも大きくなり、大当たりラウンド数は10R固定(初回羽根開放が1R目なので実質9R)×4回ワンセットと大幅に増量。一度の初当たりで合計約4500個の出玉を獲得できるようになった。

打ち方はこれまでのシリーズと同じく、まず盤面下部の始動口を狙って羽根を開放させよう。羽根に拾われた玉は役モノ内へ入賞し、回転するミニタワーを通過できればチャンスだ。最下段ステージの中央手前の穴に玉が入ると、リフトアップされてタワーへ突入する。第1関門のタワー中段では、「UP」に玉が入ると最上階へ上昇。最上階では回転するVに入賞できれば大当たりとなる。

大当たり中、大当たり後の時短中も右打ちしていればOK。時短中は羽根開放時間が長くなる上に、タワーの回転がストップするので容易にV入賞できるはずだ。より一撃性が増した漆黒の塔で、出玉のてっぺんを目指そう。

導入予定は2019年9月30日より。

このニュースの関連URL: パチンコ図鑑:Pトキオブラック4500
このニュースの関連URL: 平和




前へ 次へ

最新ニュース





>